2007年07月31日

久しぶりの生ヴィッセル

2007年7月29日(日)

トレーニングマッチ
ヴィッセル神戸U-21 vs. U-22日本代表
ヴィッセル神戸 vs. U-22日本代表
@ユニバー記念競技場


なんとも豪勢な2本立てでした。
しかも無料。
でも、1試合目は15時スタートでめちゃくちゃ暑い。
なんで屋根ある方で見さしてくれへんのー
つーか、ユニバーにも全面屋根つけてくれーって状態でした。
ばっちり日焼けです。
逆に2試合目からは雷と雨少々、気温もぐっと下がって見やすくはなりました。

さすが代表ということなのか、ほんまに練習試合?ってぐらいの観客。(言い過ぎかな?
青ユニの人もようさんいたんで、代表サポが多かったんでしょうね。
その前に、総合運動公園で降りた時、
おおーめっちゃ人多いやんけー
と思ったら、スカイマークスタジアムの方のオリックス−楽天見に来た人たちやったみたいでした。
もうオリックスは神戸のチームだとは思ってないけど、まだ神戸にも応援する人いたんだねーとしみじみ思っちゃいました。

実はユニバーで見るのは初だったのですが、観客席の前にトラックがあるので、前の方に座ってもいつもより遠いです。
この日はずっと座ってんのに、イスもすわり心地が悪いのなんのって。
まぁ普段は試合中は立ってるから悪かろうが関係ないんだけど。
ずっと座ってみてるとしんどいかも。

しかも、代表の方は練習試合だからか背番号が適当で、遠目に見てると1試合目キャプテンやってた河本意外は誰が誰だかさっぱりわかりません。
あ、平山とカレン・ロバートはなんとなくわかったかも。
やたらでかかったし。
ヴィッセル側は余裕でわかるんだけどなぁ。



というわけで、15時から1試合目。
ヴィッセル神戸U-21 vs. U-22日本代表

なぜ平山に2点もあげるのだ。
結構いい時間帯もあったし、ちょいちょいいいカウンターみせてただけに残念です。
・・・・・よりによってなぜ平山。。。


そしていよいよ、17時からヴィッセル神戸 vs. U-22日本代表。
4−2−3−1とこれまでとちょっと違ったフォーメーションでスタート。
近藤(ワントップなんて不安
ヨシト・ボッティ・カンジョ(ヨシトの足技に歓声あがってました。
酒井・テヨン(初先発酒井(のこれから)に期待
坪内・エモ・クニエ・茂木(まぁここはいつものメンバー
ボランチ(酒井)も入ったことだし、ボッティを本来の前目に持っていこうということだったんでしょうが。
ボッティ途中から普通にボランチやってましたけど。。
交代で柳川・ウッチー・ヒデ・デビ純・栗原かな?
レアンドロどこいっちゃったんでしょう?

代表はもう1試合目以上に誰がいるのやらさっぱり。

内容はどっちもどっちな0−0
攻めきられることも少ないけど、攻めきることも少ない。
代表は途中から10人だったのに。
フォーメーションも含めて日韓戦をなぞってるような。。

盛り上がったシーンといえば、(パッと思い出せるところで
・代表GK西川のFK
・そのFKが壁にあたって跳ね返ったボールをあわてて西川がキープ
・榎本がなんでもないごろごろボールを余裕こいてるせいで後ろにそらす(あれは入ってたね。
・代表の人(誰かわかんなかった)と北本(神戸)がヘディングで競り合って、互いに頭ぶつけて双方がうずくまる。(会場笑



なんというかまぁ代表側から見れば大丈夫かいな・・・と思わなくもない試合でした。
ヴィッセル神戸もだけど。

まぁあれだね。
代表選出されたし、河本がんばれ!
posted by 色 at 23:27| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。